RSKCarCameBlog

車、カメラを中心に気になったことを紹介するブログ

初めてのモータースポーツ撮影!初心者向け機材・設定編

こんにちは。

一眼レフを購入して撮ってみたいものの一つにレース撮影がある人も結構多いと思います。

でも設定やどんな機材があればいいかわからない・・・という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

今回は同じ初心者の自分が、初心者の初心者による初心者のためのモータースポーツ撮影という形で紹介していきます。(偉そう)

機材について

カメラ編 

まず当然ながらカメラは必要です。

ただ、スマホやコンパクトデジカメ(コンデジ)で本格的な撮影は厳しいです。

最低でも一眼レフかミラーレス一眼は必要。

よくミラーレスは動体撮影に向かない、って話もありますが周りを見てるとソニーのα7シリーズは使っている人もちらほらいますね。

カメラの性能に関しては一眼レフ、ミラーレスなら撮れないことはないです。

ただAFポイント、連写コマ数は多いほどベストショットを逃しにくくなります

自分もそうなんですが、最初のうちは一台のレーシングマシンが通るたびに連写してそのうち見れる写真になるのは一枚か二枚です。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神で連写が多ければ鉄砲を多く撃てますので。(笑)

そういう意味ではエントリーモデルでは少々厳しくなってきます。

レンズ編

レンズですが、サーキットでは自分からコースまではフェンスなどがあり距離が遠いので望遠レンズが必須です。

ただ最低でもフルサイズ換算で400mm以上の望遠レンズは必要になります。(サーキットによる)

自分はAPS-C+300mmの組み合わせでしたが富士スピードウェイではこれでも足りません。

キヤノンの100万円以上する(!)望遠単焦点レンズを除けばシグマやタムロンの100-400や150-600を使っている人も多いですね。

他にも一脚やNDフィルターなどがありますがここでは割愛させていただきます。

設定について

親指AF

基本的にシャッター半押しでマシンが来るのを待つのはつらいので親指AFにした方が楽です

 

親指AFついてはstudio9さんのブログで詳しく紹介されていますのでそちらをご参照ください。

 

photo-studio9.com

AF設定

これはキヤノンならAIサーボ、ニコンなどならAF-Cモード一択です。

ワンショットAFなどではマシンに追従してくれません。

モード設定

これはシャッタースピード優先モードにします。

キヤノンならTv、ニコンなどならSですね。

マニュアルモードにする人もいますが初心者には少々きついです。

DRIVE設定

連写が必須なので高速連続撮影モードにします。

これでシャッターボタンを押している間連写が出来ます。

AFエリア

これは正直正解がよくわからないです。

カメラのAFエリア全て選択だと確率は高くなるんですが、ごくまれに縁石とかにピントが合う場合があります。

あとは車のフロント部分に合わせたいのに合わなかったり。

f:id:camerangz:20190522062015j:plain

これはフロントに合わせたかったのにRedBullのロゴとKeePerのロゴあたりにピントが来ちゃってます。

 

基本的には真横以外であれば車の向きに応じてゾーンを指定してあげるのがいい気がします。

f:id:camerangz:20190522062414j:plain

この写真でいえば右側のゾーン指定ですね。

サーキットでは当然ながら一方通行なので撮影位置を変えない限りはゾーンの変更も必要ありませんし。

レンズ設定

流し撮りする際で手振れ補正が付いている場合はOFFにします。

もしモードの設定で流し撮りモードがあればそちらに設定します。

 

シャッタースピード設定

一番肝であるシャッタースピードです。

基本的にシャッタースピードが遅いほど車の動きが速く見え、速いほど車は止まって見えます。

レースの速度によっても異なりますが1/160~1/250だとそこそこ背景が流れつつ成功率も高めになります

f:id:camerangz:20190522064141j:plain

これは1/160。これでもそれなりに流れます。

 

より迫力を出したい場合はもっとシャッタースピードを遅くしていきます

f:id:camerangz:20190522064639j:plain

これは1/80。

上の写真よりも背景が流れているのがわかるでしょうか?

ただここまで下げると成功率も低くなってきます。

それだけあってこれみたいにピタッ!って車が止まった時はうれしいです。

まとめ

初心者が初心者向けてのレース撮影設定を紹介しました。

この記事を参考にしてモータースポーツ撮影に臨んで頂けると助かります。